中国・天安門事件から30年、軍制圧まで広場に残り取材を続けた記者の当日レポートを再配信
6月2日 11時23分
 1989年6月4日、北京市内では、「天安門広場の周辺」を中心に軍の武力行使によって多くの市民、学生等が犠牲となりました。中国政府公式発表では死者319人ですが、実際は数千人との推計もあります。広場では何があったのか。軍が広場を制圧した午前6時過ぎまで広場に残り、取材を続けた記者の当日の貴重なレポートを配信します。(1989年6月4日午後6時「報道特集」放送から)

 深夜の攻防は、市民・学生が「軍」に投石する際の叫び声で幕を開けました。
 深夜12時過ぎ、「人民解放軍」が西から「天安門広場」方向へ進軍し、市民や学生達は投石でこれに向かい、一時は「軍」を食い止めました。
 市民・学生たちの興奮度が最初のピークを迎えた午前1時すぎ、突然1台の装甲車が「長安街」東側から市民らの作ったバリケードをブチ破り、「天安門」正面まで突き進みました。
 しかし、この装甲車は、市民・学生らにあっと言う間に取り囲まれ、中の兵士が外に引きづり出された後、火炎瓶等が投げ込まれ、炎上しました。「人民軍」は今までと同じように、市民らに押し返されてしまうのか、とさえ一瞬思われましたが、しかし、このあと西から千人以上の兵士が「天安門」まで威嚇射撃を激しく繰り返しながら進攻しました。かつてない「軍」の厳しい態度に、市民等も大きく後退しました。
 睨み合いが続く中、突然1人の学生が火炎瓶を持って、「軍」目掛けて歩き出しました。他の市民が「ヤメロ」「戻れ」と叫ぶ中、その学生は一歩一歩、「軍」に近づき10メートルも行った所で、突然「軍」の発砲に合い、火炎瓶を持った右手を撃たれ、瓶は鈍い音を立て、学生の足下で割れました。
 そしてこのあと、「天安門」に張り付く形で待機していた「人民軍」の一部が、「長安街」の東を閉鎖するような形で、再び突き進み、威嚇射撃の音が鳴り響きました。

 午前3時・4時と「軍」の広場を取り囲む包囲網は、徐々に狭められていきましたが、「長安街」の市民らとは違って広場の学生は、もう覚悟を決めているのか、意外と平静で、最後の瞬間が来るのを恐怖と闘いながら、じっと待っているかの様にも見えました。

 午前4時半、遂にその時がきました。「軍」の尖兵隊・数十人が発砲しながら、「学生指揮部」のある「人民英雄記念碑」を占拠し、記念碑から威嚇射撃を続けました。
 (午前)4時40分。広場のスピーカーを通じて、正式な最後通達が出され、(午前)5時、遂に「天安門」から数百人の兵士が広場に突入。間髪を入れず、数台の軍装甲車が学生達の作ったキャンプを押し潰しながら、広場を突き進みました。
 学生達は一時混乱したものの、最早これまでと、広場の南東から撤退しました。やはり、淡々とした顔つきで退場してゆく学生の多い中、悔し涙で顔をクシャクシャにしながら広場を去って行った地方学生の指導者の顔が逆に印象的でした。

 そして(午前)6時には、広場は完全に軍の手中下となりました。

(1989年6月4日午後6時「報道特集」放送から。報告:谷口潤一)


"30 years after the Tiananmen Square Protests. Here is a replay of the account of one reporter who remained in the square until the military took control."

On June 4, 1989, the Chinese government responded with military force to students and other civilians protesting in Tiananmen Square and surrounding neighborhoods in the heart of Beijing. While the government reported 319 deaths due to the operation, some estimate the total to be as high as several thousand victims. According to some reports, no deaths occurred in Tiananmen Square itself. What actually took place there that day? One journalist continued to report from the square until the military took full control after 6:00 a.m. Today, we present again his invaluable account of this fateful event.
This video is an excerpt from the news special program (Hodo Tokushu) originally broadcast at 6:00 p.m. June 4, 1989.


The conflict begins late at night, when students and other civilians start screaming and throwing rocks at soldiers.

After midnight, soldiers of the People's Liberation Army approach Tiananmen Square from the west.

For a while, the students and citizens face off against the soldiers and hold them back by throwing rocks.

The agitation of the civilians and students reaches an initial peak after 1:30 a.m. At that moment, a tank arrives. Coming from Chang'an Avenue to the east, it crashes through the barricades the civilians have erected. It then continues toward Tiananmen Square.

The tank is quickly surrounded by students and other civilians. The soldiers are drawn out of the vehicle, and the civilians attack it with Molotov cocktails, setting it on fire. Until this point it has seemed as though the civilians might be able to hold back the People's Liberation Army. Then, from the west, over a thousand soldiers arrive at Tiananmen Square, repeatedly firing warning shots. Taken by surprise by the heightened aggression of the troops, the civilians pull back.

The soldiers and civilians continue to face off. Then, a lone student holding a Molotov cocktail begins to walk toward the soldiers. Other civilians scream at him to stop and come back, but he continues to advance step by step toward the soldiers. At a distance of 10 meters, the student is suddenly shot in the right arm, the one holding the Molotov cocktail. It breaks with a dull sound at his feet.

Then, waiting soldiers crowd into Tiananmen Square from Chang'an Avenue. They block off this exit route and once again fire warning shots that echo in the air.


From 3:00 to 4:00 a.m., the soldiers form a tighter and tighter ring around the square. Unlike the civilians on Chang'an Avenue, the students in Tiananmen Square seem to have made up their minds to stay. They suppress their fears and wait with apparent calm for the soldiers to arrive.


At 4:30 a.m., the moment has come. Dozens of soldiers approach the Monument to the People's Heroes, where the students have their headquarters. The soldiers occupy the space, continuously firing warning shots.

At 4:40 a.m., a final warning is delivered via the loudspeakers in the square. At 5:00 a.m., several hundred soldiers rush into the square, and tanks crash through the students' camp.

Thrown into chaos, the students flee via the southeast corner of the square. Some of the students have detached look, but the anguished face of one student from the countryside is unforgettable.


By 6:00 a.m., the military has regained complete control of Tiananmen Square.


By Junichi Taniguchi, TBS(Tokyo Broadcasting System)
印刷する

おすすめ動画

【報道特集】新型コロナ重症患者~容体急変も 集中治療室の最前線
5月8日 19時30分
坂本龍一さんロングインタビュー
4月14日 23時00分
日本にも迫る医療崩壊
4月13日 8時00分
金曜第三惑星「政治危機の時代に」
1月17日 23時59分
雨宮塔子のパリ通信 #6「ロックダウンから4週目。人影がなくなったフラン...
4月17日 22時00分
雨宮塔子のパリ通信 #5「フランスでもマスクや消毒ジェルが売り切れに。新...
3月19日 17時00分
雨宮塔子のパリ通信 #4「ラジ・リ監督の『レ・ミゼラブル』が投げかける現...
4月4日 15時00分
雨宮塔子のパリ通信 #3「日本だけではない“#KuToo”」(後編)
2月20日 15時00分
雨宮塔子のパリ通信 #2「日本だけではない“#KuToo”」(前編)
1月7日 15時00分
雨宮塔子のパリ通信 #1「女性建築家・デザイナー シャルロット・ペリアン...
12月26日 12時00分
「デジコン6アジア」 香港アニメがグランプリ
12月1日 5時00分
天井のない監獄に“灯り”を(JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 20...
11月6日 21時11分
孫会長に聞く、“AI時代”に天才は・・・
6月4日 23時17分
三島由紀夫vs東大全共闘 “伝説の討論会”から50年
5月16日 23時12分
全米・全豪2大大会優勝の経済効果~ロイターが伝える大坂なおみ選手特集
2月18日 13時00分
.md-featureItem
新型コロナウイルス特設サイト
TBSインサイダーズ
*****メッセージ*****
タイトル************20文字
*****メッセージ*****
タイトル************20文字****************40文字