【現場から、】台風19号災害

2019年10月24日【宮城発】
4年前も堤防決壊、なぜ防げなかった?

台風で19の河川の堤防が決壊した宮城県。このうち大崎市を流れる川の堤防は、4年前の関東・東北豪雨でも決壊しました。なぜ、2度目の決壊は防げなかったのでしょうか。

宮城県大崎市。台風19号の豪雨で、市内を流れる渋井川の堤防が50メートルにわたって決壊、近くの住宅22棟が浸水しました。濁流は田畑にも押し寄せ、今月中に収穫予定だった大豆は全滅しました。

「弱い部分だったんだ。決壊したのが腹立たしい」(被災した住民)

大崎地方は、台風で200ミリを超える記録的な豪雨に見舞われました。

しかし、被災した住民からは、堤防が決壊した原因は雨量だけではなく、その維持管理にも問題があったとの声が相次いでいます。

「がっかりしている。またですかと」(被災した住民)

「20年30年たっているなら話は分かるが、そこが憤慨」(被災した住民)

4年前の関東・東北豪雨で、対岸の堤防が決壊しおよそ700戸が浸水被害を受けたばかりだったからです。

4年前の決壊後に行われた宮城県の調査によって、その主な原因が明らかになりました。それは、モグラの巣の穴。堤防の維持管理が行き届かず、草が生い茂り小動物が住みついていたのです。専門家は、堤防に穴ができると、強度が弱くなると指摘します。

「モグラとかの穴が堤防を脆くする。水は穴をねらって流れていくので、そこから削れていく」(東北大学災害科学国際研究所 橋本雅和助教)

さらに、渋井川は上流から流れてきた土砂がたまって流れが悪くなり、越水の危険性が高くなっていました。

しかし、住民は、宮城県から「堤防は安全だ」と聞かされていたといいます。

「今回決壊したところは、大丈夫だと、お墨付きがあった」(被災した住民)

「本当に大丈夫かと追及した」(被災した住民)

宮城県は、今回の台風で決壊した場所は「差し迫った危険性は低い」として、改修していなかったのです。

「人災に近いのかな。(改修を)やらないんだから」(被災した住民)

「残念だ。怒りだな、なんだったんだと」(被災した住民)

2度の堤防決壊は人災ではないか。地域住民からは、これまでの堤防の維持管理や改修を、根本から検証するべきだとの声が上がっています。