東名夫婦死亡事故 裁かれる“あおり運転”

東京高裁判決のポイント

主文
 原判決を破棄する。本件を横浜地裁に差し戻す。
高裁判決のポイント1:危険運転致死傷罪の成立は認める
  • 一審判決が認定した事実関係は認める。
  • 石橋被告の妨害運転と萩山さん夫婦らの死傷との因果関係を認め、危険運転致死傷罪を適用した一審判決に、法令の適用の誤りはない。
  • 石橋被告の妨害運転は、強引に停止を求める強固な意志で多大な恐怖心を与え、焦燥・狼狽させるものである。ハンドル操作を誤らせるなどの危険性があるだけでなく、追い越し車線に停止する以外に手段がないとの判断を余儀なくさせたものである。
  • 事故は、車を停めさせられたという事態が、萩山嘉久さんへの暴行という行動で増強・継続された結果、後続車の追突の危険性が高められて顕在化したものである。
  • 追突したトラックが、停止車両はないだろうと信頼して走行したことは、特異・不合理とは言えない。車間距離保持義務違反の過失の程度も特に高度とは言えない。特段の事情がない限り、石橋被告の妨害運転との因果関係を否定するに足りる事情には当たらない。
高裁判決のポイント2:一審の訴訟手続きは明らかな法令違反があった
  • 一審の横浜地裁は、(まだ裁判員が参加していない)公判前整理手続きで、書面により、「直前停止行為の結果に因果関係を認めることは、結果的に法律の解釈を弛緩させるもので相当ではない。妨害運転との因果関係を認めることはできず、危険運転致死傷罪の成立を認めることはできないと判断した」との見解を表明していた。
  • この見解は、具体的な事実関係を前提に「法令の適用」について述べたもので、裁判員法では、裁判員との合議によって判断すべきと定められている。公判前整理手続きで裁判官のみの判断で見解を表明したのは、明らかな越権行為であり違法である。表明時点で暫定的なものと断ってはいたものの、訴訟当事者が変更を予見することは困難である。
  • 危険運転致死傷罪の成立について、(裁判員が参加した)訴訟手続きの中でも、主張および反証は一応行われたとは言えるが、横浜地裁の見解表明が、当事者の訴訟追行に事実上の影響を及ぼすものであったことは否定できない。一審弁護人は、予備的訴因(監禁致死罪)に力点を置いた主張および反証活動を行ったと推測するに固くない。
  • 仮に追突車両の運転者の過失の程度等に関して新たな主張及び反証活動が行われていれば、被告人への非難の程度等に影響を及ぼし、因果関係の有無や量刑の判断に影響を与えた可能性がなかったとはいえない。
  • 横浜地裁が、反証の機会などを改めて設けることなく、見解を変更して有罪判決を宣告したことは、被告人と弁護人に対する不意打ちとなることは明らか。被告人に手続きの保障を十分に確保しなかった点で違法であるとの評価を免れない。
  • 事案の重大性や裁判員法の趣旨に照らし、あらためて裁判員の参加する合議体で審理及び評議を尽くすのが相当である。


※「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

TBS個人情報の取扱いについてはこちら
Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network