東名夫婦死亡事故 裁かれる“あおり運転”

石橋被告に対する地裁判決のポイント

主文
 懲役18年に処する
危険運転致死傷罪の成立をめぐる争点1:「停車」は実行行為か?

※記者注
危険運転致死傷罪が成立するには、石橋被告の“妨害運転”と、萩山さん一家の死傷との間に因果関係があることが必要ですが、この点について、検察側は「二段階」の主張をしていました。「高速道路の特殊性を考えれば、“停車”も、時速0キロの危険な“妨害運転”にあたる」というのが、一段目の主張です。
この主張が認められれば、約2分の“停車”中の事故でも、当然、死傷との因果関係は成立するというものです。

【裁判所の判断】
  • 自動車運転処罰法2条4号が定める「重大な交通の危険を生じさせる速度」とは、相手に妨害目的で著しく接近した場合に、衝突すれば大事故になると一般的に認められる速度、または、事故の回避が困難と一般的に認められる速度と解される。停車、つまり時速0キロが、そのような速度と認められないことは明らか。
  • 自動車運転処罰法2条4号の文言上、自動車を進行させることが必要と解され、停車まで含まれるというのは、無理がある。「重大な交通の危険を生じさせる速度」という要件を求めた法の趣旨や立法経緯からも、停車も実行行為に含むとする検察官の主張は採用できない。
  • 4度の「妨害運転」が危険運転致死傷罪の「実行行為」であり、石橋被告が萩山さん夫婦の直前に車を停めた行為は「実行行為」には当たらない。

※記者注
検察官の一段目の主張を、裁判所は退けました。
二段目の主張は「一段目の主張が認められなかったとしても、“妨害運転”と“死傷”は因果関係がある。約2分の停車中に起きた事故だが、“妨害運転”と、“停車”や“暴行”は同じ意図による一連・密接に関連した行為」というものです。
裁判所の判断は、この二段目の主張を、ほぼ認めたものでした。

危険運転致死傷罪の成立をめぐる争点2:「妨害運転」と「死傷」との因果関係
【裁判所の判断】
  • 「停車」も、文句を言いたいという一貫した意思のもとで行われ、妨害運転と密接に関連する行為。石橋被告の「停車」により、夫婦の車も停止し続けることを余儀なくされた。
  • 「胸ぐらをつかむ暴行」も、一貫した意思に基づく、妨害運転と密接に関連する行為。
  • 夜間で交通量もあり、事故の危険性は極めて高かった。
  • 今回の事故は、4度の妨害運転とともに、それと密接に関連した「停車」「暴行」に誘発されて起きた。被害者の死傷という結果は、妨害運転によって生じた、事故発生の危険性が現実化にしたに過ぎない。妨害運転との因果関係は認められる。
  • → よって、危険運転致死傷罪が成立する。
その他3件のうち2件についての争点:強要未遂罪が成立するか?
【裁判所の判断】
  • 各被害者の証言は、自然で具体的かつ合理的。石橋被告と面識がなく、うその供述をする動機がない。いずれも信用性が高い。
  • 石橋被告の供述は、不合理で不自然な点が多く、信用できない。
  • → 強要未遂罪は成立。
争いのない、暴行罪と器物損壊罪は成立
量刑の理由について
【裁判所の判断】
  • 夜間・交通量の多い高速道路での、短時間に4度の妨害運転は、それ自体が危険。
  • 何度も止められたにもかかわらず、強固な犯意に基づく執拗な犯行だった。
  • 複数人の死傷という結果は重大。
  • 家族旅行の帰りに突如生命を奪われた2人の無念さは察するに余りある。
  • 両親を一度に失った長女ら遺族の悲しみは深く、厳罰を求めるのも当然。
  • 身勝手かつ自己中心的な動機からの短絡的犯行で、酌むべき余地はない。そもそも石橋被告が通路上に駐車をしていたことが問題で、非難を受けたからといって、犯行に及ぶのは常軌を逸している。パーキングエリアで非難されたことがきっかけという事情を、石橋被告に有利に酌むことはできない。
  • 複数人が死傷した危険運転致死傷罪の事案の中でも、重い部類に属する。
  • 東名以外の事件も、身勝手かつ自己中心的。停車させるまでの運転態様や降車を迫る言動は被害者に恐怖感を与えた。器物損壊の被害額も少額ではない。
  • 約3か月半に4件の犯行は、強い非難に値する。
  • 公判廷で、東名事件等の事実はおおむね認め、二度と運転しないなどと反省の弁を述べたが、真摯に反省しているとまでは評価できない。
  • 刑事責任は重大で、保険により相当額の損害賠償が見込まれることなどの事情を考慮しても、懲役18年は免れない。(求刑は23年)

(参考)
自動車運転処罰法2条4号
次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。
(中略)
四 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為




※「危険運転」について、皆さまからの情報提供をお待ちしています。

お送り頂いた情報について、折り返しこちらから詳細をお伺いすることがあります。
情報をお寄せいただく際には、差し支えなければご連絡をお知らせいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

TBS個人情報の取扱いについてはこちら
Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network