NEWSの深層

TBS NEWS

2020年3月16日

今週の注目「お土産にもコロナウイルスの影響」

[ TBS報道局編集主幹 播摩卓士 ]

 有名な、お土産品にも新型コロナウイルスの影響が出ています。浜松みやげとして有名な「うなぎパイ」を製造・販売している春華堂は、13日から21日までの間、生産調整のため工場の稼働を停止すると明らかにしました。主要な販売先である駅の売店で販売が落ち、3月に入ってからは売り上げが半減しているためです。

 お土産と言えば、インバウンド観光客に大人気の北海道の「白い恋人」がすでに一時、製造ラインの停止という生産調整を発表していますが、「うなぎパイ」はとりたててインバウンド銘柄ではありません。むしろ、国内のビジネスマンが出張で職場へのお土産として買い求めるというイメージが強いのではないでしょうか。

 「うなぎパイ」の場合は、やはり東海道新幹線の乗客数が大きく影響しているのでしょう。JR東海によれば、3月1日から9日までの東海道新幹線の利用者数は、前年同期比で56%減少、つまり半分以下と、1987年のJR民営化以来、最大の落ち込みとなりました。2月は8%減だったので、ここにきて急激に落ちており、金子社長は「これまでにない厳しい数字だ」と述べています。企業の出張抑制、観光客の減少が全面的な広がりを見せているのです。

 「うなぎパイ」と同じことが、あちこちで起きているのかと思うと、その影響の大きさに不安を感じずにはいられません。感染を抑えながらも、早く普通の生活を取り戻すという難しい課題に、私たちは直面しています。

(BS-TBS「Bizスクエア」 3月15日放送)
播摩卓士

播摩卓士(TBS報道局編集主幹)

1984年入社 報道局で経済全般、日米関係、国際政治などを取材。夕方のニュース番組やNEWS23編集長、経済部長、ワシントン支局長、NEWS23キャスターなどを経て、現在、BS-TBS「Bizスクエア(日曜午後9時)」キャスター。