NEWSの深層

TBS NEWS

2019年7月4日

ニジェールの「闘士」サフィア

[ 報道局編集部 水口康成 ]

 ニジェール南部ザンデール州にサフィアという女性がいる。職業訓練校を立ち上げユニセフの支援を受けながら、女子児童の保護・育成活動を続けている。生い立ちはきわめて過酷なものだ。16歳で強制結婚させられた。姉が亡くなり、その夫との結婚だった。サフィアは離婚を申し出た。しかし、保守的とも伝統的ともいえる地域で、女性が自らの権利を掲げて慣習に、そして男性に声を上げることはタブー視されていた。だが、サフィアは黙っていなかった。

 宗教裁判所に自分が望まない結婚を強制されたと異議を申し立てた。しかし、男性がいないと何も決まらないといわれ、抗議を続けること1年7か月。離婚が成立した。自分がこれだけ苦しんだ。だから同じ思いを他の女性にして欲しくない。ましてや児童婚ともなれば命の危険にもさらされかねない。サフィアは強制結婚させられた女性の保護、強制結婚のうわさを聞きつけようものなら乗り込んでいって話し合いで回避に取り組む。児童婚の場合は例外なく結婚と同時に学校を辞めさせられるため、保護した少女のための洋裁を中心とした職業訓練校、そしてセカンドチャンスとしての私塾を始めている。

 “男尊女卑”がいまなお常識として残る社会でサフィアは女性の権利保護を訴え続けている。声を上げることもはばかれる中で実際に行動する姿はまさに「闘士」。サフィアと懇談したアグネスさん、遥か西アフリカのニジェールで同志を見つけた。


水口康成

水口康成(報道局編集部)

外信部、NEWS23、サンデーモーニングなど担当。
元従軍記者で、著書は「旧ユーゴ内戦の記録'91-'96」や「ボスニア戦記」など、このほか通信社や新聞社などに寄稿。
趣味:テラリウム
好きな食べ物:カイマックと蜂蜜を塗ったパン