新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
9月30日
中国でワクチンの緊急投与進む

新型コロナウイルスワクチンの開発競争が激しくなる中、中国ではワクチンの緊急投与が進んでいて、すでに35万人が接種したということです。

30日午前、北京市にある国有製薬企業の関連施設の前には、ワクチンを接種しに来た人の行列ができていました。中国では今年7月から医療従事者らへのワクチンの緊急投与が始まっていて、中国メディアによると、すでに35万人がこの企業のワクチンを接種したということです。

「海外出張のリスクをなくすために、接種に来ました。(副反応の)心配はほとんどない。国の研究結果を信じています」(接種に来た男性)

企業の担当者は「これまでに明らかな副反応は出ていない」としていますが、WHOは緊急投与について「高い倫理的・科学的な基準が必要だ」と呼びかけています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network