新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
9月28日
東京メトロ “全駅に抗ウイルスコーティング実施”、感染症対策で

東京メトロのすべての駅で、感染症対策として、手すりやベンチなどを抗ウイルス作用のある薬剤でコーティングすることになりました。

東京メトロは管理する172の駅すべてに、薬剤を使ったコーティング加工をすると発表し、報道陣に作業のデモンストレーションを公開しました。階段の手すりやベンチなど、利用客が触れることが多い場所を中心に、薬剤が染みこんだ布で拭き取ってコーティングしていきます。

東京メトロによりますと、この薬剤は空気中の水と酸素に反応する成分が菌やウイルスの感染力を弱める効果があり、すでに、インフルエンザウイルスや大腸菌などへの効果が確認されているということです。実際の作業は29日未明から開始し、12月下旬までに完了する予定です。

コーティングを終えた駅は今後、定期的に駅構内のアルコール消毒を行ったうえで、機械の性能上、薬剤を厚く塗ることができない券売機や精算機などには、1年に1回程度、薬剤を塗り直すということです。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network