新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
9月3日
三井住友信託、失業時に住宅ローン一部免除する保険を導入

新型コロナウイルスの影響で企業の倒産や解雇が増加するなか、三井住友信託銀行は住宅ローンの利用者が失業した場合、返済を一部免除する保険を導入すると発表しました。

三井住友信託銀行と外資系のカーディフ損害保険が始めるのは失業した際に住宅ローンの返済を一部免除する保険です。

勤務先が倒産し解雇された場合など1回の失業につき最長3か月分の返済額が支給され、ローンの支払いに使うことができます。

通常の住宅ローンよりも金利はやや高いものの、失業時にローンの返済を一部免除する特約を加えるのは、大手金融機関では初めてだということです。

帝国データバンクの調査によりますと、新型コロナウイルスの影響による倒産は全国で487件となっているほか、厚労省の調査では失業者の数は5万人を超えています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network