新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
8月28日
飲食店の訪問調査、2割がガイドライン満たさず

農林水産省は、全国およそ5500の飲食店でコロナ対策のガイドラインを遵守しているか調査したところ、およそ19%の店が多くの対策項目を守っていなかったと発表しました。

調査は7月30日から今月12日にかけて行われ、店が混み合う場合の入店制限やテーブルの配置の工夫など、外食業界が作ったガイドラインにある47項目が守られているかを調べたものです。調査の結果、47項目の8割以上を守っている店は81.3%、8割に届かなかった店は18.7%でした。

「8割は高い評価ができますが、その一方で2割の店舗はガイドラインの基準を満たしていなかったということを重く受け止めなければならない」(江藤拓農水相)

農水省は、食事券などで外食の消費を喚起する「GoToイート」キャンペーンの実施を予定していますが、参加する飲食店はガイドラインの遵守を条件にしています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network