新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
8月25日
コロナ再感染を遺伝子分析で「初確認」、免疫持続が短い可能性も

香港の研究チームは24日、新型コロナウイルスに感染し回復した男性が、4か月半後に再感染したことを確認したと発表しました。遺伝子の分析から確認した初の事例だとしていて、免疫の持続時間が短い可能性があると指摘しています。

香港メディアによりますと、香港の33歳の男性は3月下旬に新型コロナウイルスに感染しましたが、症状は軽く、その後、回復しました。男性は今月、旅行でスペインを訪れ、香港に戻った際に空港での検査で再感染が判明、ただ、男性に症状はありませんでした。

香港大学の研究チームが遺伝情報を調べるためゲノム配列を解析したところ、2回目の感染では1回目と異なるコロナウイルス株が確認されたということです。

研究チームは新型コロナウイルスの再感染を遺伝子の分析から確認した初の事例だと主張していて、ウイルスの免疫を獲得しても持続する時間は短い可能性があるとしています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network