新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
8月21日
米J&J、新型コロナワクチン候補 最終段階の試験に6万人

アメリカの製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは、開発中の新型コロナウイルスのワクチン候補について、最終段階の臨床試験におよそ6万人が参加することを明らかにしました。

アメリカ政府のデータベースによりますと、ジョンソン・エンド・ジョンソンは最終段階の第3相試験を9月から開始する予定で、およそ6万人が参加する見込みとしています。臨床試験はアメリカ、ブラジル、チリ、メキシコなど新型コロナの感染が拡大している9か国で実施され、ワクチンの安全性や効果などを確認することになります。

アメリカメディアによりますと、ジョンソン・エンド・ジョンソンの広報担当者は、来年初めまでにワクチンが使えるようになるとの見方を示したということです。

他の製薬企業では、アメリカのファイザーとドイツのビオンテックが共同開発するワクチン候補や、アメリカのモデルナの候補などの試験が最終段階に向けて進められています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network