新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
8月19日
WHO、共同購入ワクチン分配第1段階で65歳以上など「カバーできる」

WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、各国共同ワクチン購入プログラムの初期の分配で65歳以上など死亡リスクの高い人々をカバーできるとの見通しを示しました。

WHOが推進するワクチン共同購入の枠組み「COVAXファシリティー」は、日本を含め世界170か国が参加を検討しています。

テドロス事務局長は「2段階からなる『COVAX』でのワクチン分配の第1段階で各国の人口の2割にあたる量を供給することで、65歳以上や持病があるなど死亡リスクの高い人々をカバーできる」との見通しを示しました。

ヨーロッパや韓国などで感染が再拡大する中、新型コロナウイルスの世界の感染者数は2200万人を超え、死者数は78万人に迫っています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network