新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
8月18日
接触確認アプリ約1360万DL、陽性者登録数は287件

西村経済再生担当大臣は新型コロナウイルスの接触確認アプリについて、ダウンロード数がおよそ1360万件に達したと発表しました。

国が運営する接触確認アプリ「COCOA」は、利用者の感染が確認されたことを登録すると、他の利用者に「感染者と接触した可能性」が通知される仕組みです。西村大臣は会見で、COCOAのダウンロード数が今月17日時点でおよそ1360万件に達したと発表しました。ただ、陽性者の登録数は287件にとどまっています。

「個人情報が何か取られるんではないかとか、特に電話番号とか、位置情報とか、誰と会ってたとか、どこに行ったとか、そういった誤解があるようですが、これは一切ありませんので」(西村康稔経済再生相)

西村大臣は普及が進まない背景についてこのように述べたうえで、感染拡大防止のためダウンロードするよう呼びかけました。

政府は19日、会合を開き、アプリの利用推進やデジタル技術を活用した新型コロナ対策について議論します。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network