新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
8月7日
コロナ禍で新幹線「のぞみ」増便、「密避けるため」

いよいよ8日からお盆休みの期間に入ります。帰省をしていいのか、自粛するべきなのか、悩ましいところですが、こうした中、東海道新幹線「のぞみ」が新たなダイヤで運行されることになりました。

「娘が子どもが生まれそうなものですから、それでちょっと名古屋の方へ」(利用客)

8日から始まるお盆休み。7日朝の東京駅では、大きな荷物を抱えた親子連れの姿が早くも見られましたが、東海道新幹線の予約は去年の2割程度にとどまっているということです。

そんな中、JR東海は、東海道新幹線「のぞみ」の1時間の運行本数を増やす「新ダイヤ」をスタートさせました。運行本数を増やすことで座席に余裕を持たせたいとしています。

「密を避けるために本数を増やすのはいいのではないか。混んでいるよりは空いている方がこちらとしても乗りやすいので」(利用客)
「やってもらうに越したことはないですけどね。それで安心して乗れるなら」(利用客)
(Q.お子さんと一緒だが?)
「まあ、はしゃがなければ」(利用客)

「のぞみ」の運行本数はこれまで1時間に10本が限度でしたが、最高速度の速い車両に一本化したことや、折り返しの際の清掃時間を2分短縮するなど効率化を図ることで、1時間に最大12本の運行を実現させたということです。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network