新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
8月5日
厚労省、うがい薬の効果「時期尚早」

大阪府の吉村知事らが新型コロナウイルス対策として、うがい薬の使用を呼びかけたことについて、厚生労働省は「効果があるというのは時期尚早」との見解を示しました。

「このポビドンヨードのうがい薬はコロナにどういう効果があると、現時点で、厚労省は認識しているのか」(「立国社」会派 山井和則衆院議員)

「現時点においてこういうものに効果があるというのは、まだ時期尚早じゃないかと」(厚労省担当者)

野党ヒアリングで、厚生労働省の担当者はポビドンヨードのうがい薬について、「国として新型コロナウイルスに効くと推奨するのであれば、エビデンス(証拠)を出さないといけない」と指摘し、引き続き研究が必要との認識を示しました。

野党側は4日の大阪府などの発表により、景品表示法の優良誤認や医薬品の転売など、法律違反が起きているのではないかと指摘しています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network