新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
7月30日
東京都に“大規模”宿泊型療養施設

過去最多となる367人の新型コロナウイルス感染が発表された東京都では、病床不足に対応するため、大規模な宿泊型の療養施設が完成しました。

東京都が30日に確認した感染者は367人で、一日の感染者数としては過去最多を更新しました。300人を超えるのは先週23日に366人となって以来、7日ぶりのことです。このほか、関東では30日、これまでに神奈川県でも過去最多と並ぶ76人の感染が発表されています。

感染拡大への対応が求められるなか、30日、都内には大規模な宿泊型の療養施設が完成しました。

「こちらのプレハブ型の施設は、一部屋20平米と、とても広い印象です」(記者)

医療従事者が常駐して、無症状や軽症の患者などを受け入れる予定で、施設内の140室にはベッドや洗濯機、冷蔵庫のほか、シャワーやトイレも整備されています。また、隣接する体育館にも、ブースで仕切り、100床のベッドが設置されました。

日本財団が整備したもので、東京都はすでに利用を要請していて、今後、受け入れ開始時期や費用負担などを調整していくとしています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network