新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
7月27日
WHO「最も深刻な緊急事態」、新型コロナウイルス

WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、今回の新型コロナウイルスがこれまでの「公衆衛生上の緊急事態」の中で最も深刻だとの認識を示しました。

「明らかに最も深刻な事態だ」(WHO テドロス事務局長)

テドロス事務局長は27日の記者会見で、WHOとして過去にエボラ出血熱やジカ熱などで6回出した国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態と比較して今回の新型コロナウイルスが最も深刻だと述べました。その上で、過去6週間で感染者が倍増しているとして、パンデミック、世界的な大流行は加速しているとの認識を示しています。

WHOが緊急事態を宣言してから今月末で半年となりますが、今週後半にも緊急委員会を招集し宣言を継続すべきかどうかが検討される予定です。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network