新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
7月11日
レムデシビル投与で死亡率6割減、米製薬会社公表

日本でも新型コロナウイルスの治療薬として承認されている「レムデシビル」について、投与された患者の死亡率が62%下がったとする実験結果が公表されました。

アメリカの製薬会社ギリアド・サイエンシズは10日、新型コロナウイルスの重症患者で「レムデシビル」を投与された312人と通常の治療を受けた818人を対象に行った実験の比較データを公表。「レムデシビル」を投与された患者のうち、14日以内に回復したのは74.7%だったのに対して、通常の治療を受けた患者では59.9%にとどまったということです。また、「レムデシビル」を投与された患者は、通常の治療を受けた患者と比べて、死亡率が62%下がったことも明らかにしています。

ギリアド・サイエンシズ社は、「これは重要な発見で、さらなる治験による裏付けが必要だ」としています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network