新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
7月5日
“感染拡大”の中、緊急事態再宣言は…

首都圏での新型コロナウイルス感染拡大の傾向を受け、西村経済再生担当大臣と東京都に隣接する3つの県の知事がオンライン会議を行いました。

「現在の状況は『高い緊張感をもって警戒すべき状況』であるというふうに認識している」(西村康稔経済再生相)

「緊急事態宣言といったもの次に出されるとした場合に、首都圏だけとか、そういったこの地域別といったことがあるのか、それとも全国一律なのかといったあたりの見通しを(西村経済再生相に)お伺いした」(神奈川県・黒岩祐治知事)

東京都では5日までに4日連続で100人を超える新型コロナウイルスの感染者が新たに確認されるなど、首都圏で再び感染拡大の傾向がみられることから、西村経済再生担当大臣と東京都に隣接する3県の知事がオンライン会議を開きました。

知事たちは緊急事態宣言が再び発表される可能性について関心を示しましたが、西村大臣は、新規の感染者は若い世代が多く、医療の提供体制がひっ迫していないため、直ちに緊急事態宣言が必要な状況ではないとの認識を示しました。

これに対し、埼玉県の大野知事は「医療体制に楽観的な考えは持てない」として、必要であれば緊急事態宣言の発表を求めていく考えを示しました。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network