新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
7月1日
緊急事態宣言めぐり菅長官「最悪の場合 再発出も」

新型コロナウイルスの新規感染者が先月30日、緊急事態宣言解除後最多となったことについて、菅官房長官は「最悪の場合には再び緊急事態宣言を発出する可能性がある」として、感染状況を注視していく考えを示しました。

1日、およそ3か月ぶりにマスクを外して会見した菅官房長官。先月30日、緊急事態宣言の解除後、全国で確認された新規感染者が最多となったことについて、「直ちに再び緊急事態宣言を発出する状況には該当しない」との認識を重ねて示しました。

ただ、感染者の増加スピードが高まるなど「最悪の場合には再び緊急事態宣言を発出する可能性がある」と述べ、地域における感染状況を注視していく考えを示しました。

「最悪の場合には、再び緊急事態宣言を発出する可能性があるが、その際には専門家の意見を伺ったうえで、総合的に判断していきたい」(菅義偉官房長官)

また、発出するかどうかは、感染経路が不明な人の割合や医療提供体制などの状況を踏まえ、専門家の意見を聞いたうえで判断していくとしています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network