新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
6月25日
緊急事態宣言解除から1か月、若い世代の感染拡大に警戒

24日、宣言解除後最多となる55人の感染が確認された東京では、若い世代で感染が拡大しているとして注意を呼びかけています。

「新幹線は3週間くらい前に来たときは、私含めて3人くらいしかいなかったんですけど、きょうはほとんど席が埋まっていました」(名古屋から出張で来た男性)

「(電車内は以前と)同じか9割くらいです」(横浜から来た女性)

緊急事態宣言解除が発表された先月25日の東京都内の人の流れは、前の年の同じ月と比べ6割から7割減少していましたが、24日は4割から5割の減少にとどまっています。都内では24日、宣言解除後最多となる55人の感染が確認されましたが、うち9人は同じ人材派遣会社に勤めていて、「飲み会」などで感染した可能性があるということです。

一方、年代別に見ると、55人のうち20代が32人、30代が9人とあわせて7割以上を占めていて、東京都は注意を呼びかけています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network