新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
6月22日
テレワーク経験者の6割超が「仕事より生活重視に」

新型コロナウイルスの影響でテレワークを経験した人のうち64%が、「仕事より生活を重視するようになった」と回答したことが内閣府の調査で分かりました。

これは、内閣府が先月25日から今月5日までの間に全国1万人あまりを対象としたアンケートによるものです。テレワークを経験した人のうち64%以上が、「仕事より生活を重視するようになった」と答えた一方、テレワーク未経験の人は34%にとどまり、顕著な変化が見られました。

「家族に、特に子どもとふれあえる時間が多くなったので、それは良かった」(テレワーク経験者)

「やっぱり、夕方に一緒にお風呂に入ったりできるし、その点の変化が大きかったと思います」(テレワーク経験者)

新型コロナの影響でテレワークを経験した人は、全国平均で34%あまりという結果でしたが、東京23区でみると、55.5%に上りました。一方、地方だけでみると、26%にとどまり、大きな差が生じています。また、東京23区では半数以上が「通勤にかける時間が減少した」と回答、このうち7割以上が「現在の通勤時間を今後も保ちたい」と回答しています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network