新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
6月20日
WHO事務局長「世界は危険な新局面にある」

WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、アメリカ大陸や南アジア、中東などで新型コロナウイルスの大規模な感染拡大が続き、「世界は危険な新局面にある」との認識を示しました。

「パンデミック(世界的大流行)が加速している」(テドロス事務局長)

テドロス事務局長は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの世界の感染状況について懸念を表明し、「18日に過去最多となる1日でおよそ15万人の新たな感染者の報告があった」と述べました。その上で、新たな感染報告はほぼ半数がアメリカ大陸からで、南アジアや中東でも大規模な感染拡大が続いているとし、「世界は危険な新局面にある」と各国に警戒を呼びかけました。

具体的な対策として、テドロス氏は、個人は距離を保ち、マスク着用などを続け、各国には感染者の隔離や感染経路の追跡など基本的な取り組みを続けるよう求めています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network