新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
6月14日
北京で新たに36人感染、第2波に警戒

中国の北京では、集団感染があった食品卸売市場の関係者36人の感染が新たに確認されました。市の当局も「すでに非常時に入った」と危機感を表明するなど、感染の第2波への警戒が高まっています。

中国の国家衛生当局などによりますと、北京では13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに36人確認されました。

北京では12日までに同じ食品卸売市場に出入りしていた7人が新型コロナウイルスに感染したほか、症状はないものの陽性だった人が45人いたと発表されていて、今回の36人もこの市場に出入りしていたということです。

市の当局は、市場の周辺住民と14日以内に市場を訪れた人全員にPCR検査を行う方針で、14日の記者会見では「すでに非常時に入っている」と危機感を表明しました。

また、市場を含む地区が「高リスク地区」に指定され、11か所の団地で人の出入りを規制する「封鎖管理」が行われるほか、市場周辺の小学校3校も休校となります。

一方、東北部の遼寧省では、北京の食品卸売市場で感染確認された人の濃厚接触者の感染が確認されていて、感染の第2波への警戒が中国各地で広がっています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network