新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
6月12日
「東京版新型コロナ見守りサービス」東京都が新たな感染症対策導入

東京都では12日午前0時から休業要請の緩和が「ステップ3」に移行し、19日には事実上の全面解除となりますが、その一方で新たな感染症対策も導入されます。

12日から運用が開始されるのは、「東京版新型コロナ見守りサービス」で、施設でクラスターが発生した場合、訪問履歴のある利用者に迅速に感染情報を通知するサービスです。対象は都立の美術館や動物園などで、スマートフォンを使い、施設の入り口にあるQRコードを読み取り、登録することで利用できます。多摩動物公園では12日朝、さっそく登録する親子連れの姿がありました。

「安心できますし、非常に簡単に登録できたので、使い勝手がいい」(利用者)

都は感染のリスクを減らし、第2波への備えを強化していきたいとしています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network