新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
6月5日
東芝と日立、新型コロナ抗原検査キットの製造支援

大手電機メーカーの「東芝」と「日立製作所」は、新型コロナウイルスに感染しているか短時間で判定できる「抗原検査」キットの製造支援に乗り出すと発表しました。

新型コロナウイルスの抗原検査キットは、臨床検査薬メーカーの「富士レビオ」が開発していて、現在、山口県宇部市にある工場で週に20万検査分の生産が行われています。

「社会貢献という視点で、抗原検査キットの製造のご協力も行う予定」(東芝 車谷暢昭 社長)

新型コロナの終息が見通せないなか、生産能力の拡大が求められていて、「富士レビオ」は「東芝」と「日立」と連携し、北海道旭川市に新工場を新設するということです。

具体的には、旭川市にある東芝の関連会社の工場建屋を使い、東芝の従業員が生産に携わるほか、日立が製造設備の導入や効率化などを支援する計画です。新工場は、今年12月までに稼働を開始する予定で、新工場の稼働後は既存の宇部工場とあわせて、生産能力が週に40万回分以上になるということです。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network