新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
6月2日
厚労省 唾液使ったPCR検査認可、簡便でリスク少

新型コロナウイルスに感染しているか確認できる「PCR検査」について、厚生労働省は、唾液から検体を採取する方法を2日から認めると発表しました。

「発症から9日以内の者について、唾液によるPCR検査を認める」(加藤勝信 厚労相)

加藤厚生労働大臣は2日朝、PCR検査について、症状が出てから9日以内の人を対象に唾液から検体を採取する方法を2日から認めることを明らかにしました。発症から10日経つと唾液に含まれるウイルス量は少なくなり、検出率が低くなるということですが、9日までであれば鼻の奥の粘液から検体を採取する方法とほぼ同じ検査精度が確認されたということです。

検査は、患者から1から2ミリリットル程度の唾液を採取するというもので、これまでの鼻の奥を拭って検体を採取する方法と比べ、簡単で感染リスクも少ないということで、PCR検査数の増加が期待されています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network