新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月30日
感染拡大の北九州 市民不安の声

感染者の増加に歯止めがかからない北九州市。29日も新たに26人の感染が確認されました。そのうち10人は、八幡西区の特別養護老人ホーム「わかば」の職員と入所者で、市はクラスターが発生したとみています。

男子生徒1人の感染が確認された小倉北区の中学校では、29日午後、校舎内の消毒が行われました。男子生徒の感染経路はわかっておらず、学校は来月1日から当面の間、休校となります。

北九州市では、今月23日から29日までの7日間であわせて69人の感染が確認され、このうち27人の感染経路がわかっていません。

「どこから来たんですかね。ずっとゼロが続いてたんですけど」(市民)

「前の自粛期間みたいに戻って、みんながストレスたまるのは不安」(市民)

福岡県は、北九州市に限り「接待を伴う飲食店」と「ライブハウス」の休業要請を来月18日まで延長すると発表しました。なぜ再び感染者が増えたのか、県と市は、国のクラスター対策班と共に感染経路の分析を進めています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network