新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月29日
【現場から、新型コロナ危機】感染者看続ける介護施設の苦悩

集団感染が起きた介護施設の訴えです。入院できる病院が足りず、感染した高齢者を、施設の中で看続けざるを得ない状況に追い込まれていました。

ここは関東地方にある介護老人施設です。感染拡大前、入所者が、食事やレクリエーションなどをしていたスペースは、今、がらんとしています。「密接」を避けようと、極力、個室から出ないようにしているためです。家族の面会も禁止。今回の取材も、撮影は施設長が自ら行いました。介護の職員も、完全防護の態勢で臨んでいます。

「じっとしていると寒いんです」(利用者)
「それで歩いてたんですか」(介護士)

入所者の中には、認知症の人も少なくありません。頻繁に鳴るナースコールで職員は利用者の元へ。職員はおむつの交換などにも追われます。

この施設で、新型コロナウイルスの集団感染が起きました。陽性が確認されたのは、利用者と職員合わせておよそ20人。事態をいっそう深刻化させたのは病院が足りないという問題でした。

「(保健所から)『なんとか施設の中で封じ込めなさい』と。『入院で見ることは、ベッドの数的に今厳しいので難しいです』という話で」(施設長)

感染した高齢者を、この介護施設で看続けるしかない状況に追い込まれたのです。感染した人は、部屋の名札に赤いテープで目印をつけ。他の入所者がたち入らないように、ホワイトボードなどでバリケードを作り、ゾーン分けを行いました。

この介護施設にも医師や看護師はいますが人数は少なく、医療が専門ではない介護職員が多くの対応に当たらざるをえませんでした。

「特に食事の時はむせたりして、(二次感染の)危険性があると言われていたり、トイレの排せつ物の処理とかは、便の中にもウイルスがあると言われている」(施設長)

そして、こんな状況も・・・。
「陽性者が出たことで、外部の業者がどんどん手を引いていく。清掃業者が、そこは清掃できませんと入ってこなくなったり、ごみの回収をしてくれなくなったり、シーツとか着た物のクリーニングとか、同じようにできなくなってしまって、新たな業者を探すとかどんどんやる作業が増えていった」(施設長)

最初の感染判明から20日以上が経って、半数は病院に移ることができました。残った人の中には、陰性が確認されて、一般のスペースに戻った人もいますが、今も2人が隔離されたままです。

「ここがレッドゾーンの入り口です」(施設長)

机で作ったバリケードの奥に、その2人の部屋があります。

そして、重い事実が。死亡したのは5人。このうち4人は入院先が見つかる前に亡くなりました。年齢や持病などを考えると入院できれば助かったとまではいえないとしながら・・・。

「働いている職員にとって、下手すると自分の家族よりも長い時間を一緒に過ごしていた可能性があるんです。自分の家族を亡くしたよりもつらかったというか、そのようなことで泣き崩れている姿を見て」(施設長)

来たるべき第2波に備えて、入院先の確保を急いで欲しいと施設長は話しています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network