新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月21日
グーグル・アップル共同、接触通知アプリ日本も採用か

新型コロナウイルスによる世界の感染者数は500万人を超えました。グーグルとアップルは、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を知らせるアプリの技術の提供を開始しました。

グーグルとアップルは20日、感染者と濃厚接触した可能性がある人にスマートフォンで通知するアプリの技術仕様を公開しました。

この新技術はスマートフォンの近距離無線通信「ブルートゥース」を使い、周囲のスマホを検知し、互いの識別情報を保存。アプリの利用者が感染し、陽性情報を入力すると過去2週間で感染者の近くにいたスマホのユーザーに通知する仕組みです。個人情報保護のため、利用者自身がアプリでの報告を判断し、位置情報は収集しないということです。

アメリカの多くの州と世界22か国の保健当局が利用する意向で、日本政府もこの技術を採用する方針を決めています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network