新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月15日
【現場から、新型コロナ危機】全国初の“重症者専門病棟”

千葉県に新型コロナウイルス患者の専門病棟を建設し、すでに受け入れを始めた民間病院があります。全国に先駆けた取り組みの現場にJNNのカメラが入りました。

千葉県松戸市にある千葉西総合病院。その駐車場で、プレハブの医療施設の建設が突貫工事で進められています。

「こちらの新型コロナウイルスの専門病棟では、今まさに完成に向けて建設が進んでいます」(記者)

新型コロナウイルスの専門病棟。その内部にカメラが入りました。2つの棟からなり、全部で30床。軽症・中等症から重症者まで、建物やエリアを分けたうえで、一貫した治療を行うことを目指しています。

「レッドゾーンというのは、完全にPCR陽性で感染性が高い(エリア)。家族も(入ることは)無理です。我々も完全防護して入る。万が一、重症化したら人工呼吸器もここで使えるし、内視鏡もできるし、人工呼吸器もここで使えますけど、人工肺になると別の奥の部屋になりますね。心電図モニターは全部つけまして」(千葉西総合病院 三角和雄院長)

独立した重症者病棟を持つコロナ専門病院は全国初。医療機器も含めた建設コストは3億5000万円。新型コロナウイルスの患者は、容体が急変する可能性があり、素早く対応できる体制が必要だと院長は話します。

「治療が遅れると、そのまま亡くなる場合があります。入院して、誰かがしっかりみて、急変に即対応すると」(千葉西総合病院 三角和雄院長)

専門病棟を建設した理由はそれだけではありません。

「たまたま緊急で来た患者さんが、たまたま(ウイルスを)持っていたと。医師2人がほぼ症状なかったんですけど、感染しただけで」(千葉西総合病院 三角和雄院長)

院内感染への対策も大きな理由だといいます。千葉西総合病院は、救急車の受け入れ台数や心臓カテーテル治療数が全国トップクラス。万が一、院内感染が拡大し、病院の機能がストップすれば、影響は地域全体に及ぶおそれがあります。

「救急を全て停止してしまうと、地域医療が完全に崩壊してしまう」(千葉西総合病院 三角和雄院長)

PCR検査の体制強化。そして、一般病棟から陽性患者が出た場合、速やかに隔離し、治療できる場所があることが重要だというのです。今月12日、受け入れの第1弾として、既存の病棟から4人の軽症・中等症患者が専門病棟に移ってくることになりました。

「装備が完了しました。(手袋は)二重です。中で何か行う際は、この紫の手袋の上から手袋をしたり」(看護師 斉藤篤志さん)

車いすで運ばれたのは、軽症の患者。

「体調、お変わりないですか?」(斉藤さん)

「はい、変わりないです」(女性患者)

「どうですか?部屋の印象は?」(斉藤さん)

「広くて快適です」(女性患者)

医療崩壊を防ぐための体制整備は急務だと、院長は訴えます。

「(新型コロナウイルス流行の)第2波、第3波が来るかもしれません。全国的に(専門病棟が)1か所でも2か所でもあれば、それなりに微力ながら社会に貢献できるんじゃないかと」(千葉西総合病院 三角和雄院長)


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network