新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月14日
「高校入試で配慮を」自治体に通知

新型コロナウイルスの影響による休校の長期化で学習の遅れが懸念される中、文部科学省は高校入試で「出題範囲などに配慮するよう」全国に通知を出しました。

文科省によりますと、今月11日時点で全国86%の学校が臨時休校を実施しています。学習の遅れが懸念される中、文科省は来年の高校入試について、今年度に学ぶ内容からの出題を減らすなどの配慮を求める通知を、全国の自治体などに出しました。

また、地域によって授業の進み具合に差が出ることが予想されるため、学力検査以外にも、面接や作文で選考を行うことや選択問題を出して生徒らに自分が学んだ範囲のものを選ばせるといった具体的な工夫を示し、配慮を求めました。

文科省は、小学校や中学校の入試にも同様の配慮を求めています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network