新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月12日
抗原検査キット 13日に承認へ、30分で結果 保険適用も

新型コロナウイルスへの感染を短い時間で調べることができる「抗原検査」のキットを、厚労省は13日に承認することを決めました。

新型コロナウイルスの「抗原検査」は、ウイルスに特有のタンパク質を見つける検査です。インフルエンザの検査のように、鼻の奥を拭った検体をキットにたらし、線が浮かび上がれば陽性で、結果は30分ほどで判明するということです。

厚労省は、この「抗原検査」のキットを13日に承認し、保険適用を行う方針です。

「非常に迅速に臨床の外来の現場ですぐに結果が分かる。しかも陽性に出た場合には、ほとんど偽陽性がない。確定診断につながるということです」(舘田一博 日本感染症学会理事長)

「抗原検査」はウイルスの量が多いと確実に陽性の判定がでますが、ウイルスの量が少ない場合はPCR検査に比べて精度が劣り陰性と判定される場合があるため、厚労省は、まず症状が出ている人に抗原検査を行って陽性かどうかを判定し、陰性の場合にPCR検査を行っていく方針です。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network