新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月11日
中国 東北部で“第2波”の懸念、北京の日本人学校は一部再開

新型コロナウイルスの感染を抑え込んだとしている中国ですが、東北部・吉林省の一部では、感染が拡大しています。

国家衛生当局によりますと、中国本土では吉林省の3人を含む17人の感染が10日、新たに確認されました。地元政府は、感染確認が相次いでいる吉林省舒蘭市を「高リスク」地区に指定し、感染拡大の「第2波」への警戒を強めています。

「いま、中学3年生の登校が始まりました。生徒たちは1メートル間隔をあけて検温を待っています」(記者)

こうしたなか、北京にある日本人学校ではおよそ3か月半ぶりに、中学3年生限定で登校が再開されました。

「3か月ずっと会えなかったので、久しぶりに会えて、とてもうれしいです」(登校した中学3年生)

区の教育委員会からは、手洗いや教室の人数制限など100以上の項目を順守するよう、指導や校内検査があったということです。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network