新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月9日
新型コロナ、相談の新目安を公表

新型コロナウイルスに感染したかどうか相談センターなどへ相談する際の新たな目安を、厚生労働省が公表しました。

厚生労働省は、これまで相談センターなどへ相談する目安を「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合」などとしていました。新しい目安では「37.5度以上」といった文言を削除し、「息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある場合」や、「高齢者などの重症化しやすい人で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合」は、すぐに相談するよう呼び掛けています。

また、「発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が続く場合」でも、すぐ相談することを示した上で、4日以上続く場合は必ず相談するよう求めています。さらに、「これらの症状に該当しない場合でも相談は可能」とし、全国の都道府県などに住民らへ情報発信するよう通知しました。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network