新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
5月3日
最高裁長官、新型コロナ対応で「態勢の回復が重要課題に」

5月3日の憲法記念日を迎えるにあたって最高裁の大谷直人長官が記者会見し、新型コロナウイルス感染防止のため多くの裁判が延期されていることについて、「態勢をどう回復していくかが重要な課題だ」と話しました。

「このような状況は、裁判所にとっても前例のない事態であり、新型コロナウイルスの影響は甚大であると受け止めています」(大谷直人最高裁長官)

最高裁の大谷長官は、新型コロナウイルスの感染防止のために多くの裁判が延期されていることについて、「緊急事態でのやむを得ない対応で、ご不便をおかけしている」と理解を求めました。また、裁判の再開については、「時期や対応を画一的に行うことは難しく、今後の態勢をどのように回復していくかも重要な課題になる」との認識を示しました。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network