新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
4月30日
【現場から、新型コロナ危機】“命を救う”…救命救急の最前線

新型コロナウイルスに感染した重症の患者を受け入れている救命救急センターにカメラが入りました。シリーズ「現場から、」。命を救う最前線で闘う医師の思いです。

この日も重症患者が運ばれてきました。意識はありません。救命困難な患者に「切り札」として使われる「ECMO=人工心肺装置」を取り付けます。ほかの患者が通らないルートで、レッドゾーン=新型コロナ感染患者専用のICUへ…。

神奈川県川崎市の聖マリアンナ医科大学病院救命救急センター。重症化した患者を受け入れています。

20人余りからなるコロナ専門チームを指揮する森澤健一郎副センター長に病棟を案内してもらいました。

「(Q.この壁は作っている?)これは、うちの施設課が作ってくれたもので」(森澤健一郎 医師)

壁などを手作りし、防護服などを身につけるイエローゾーンを作りました。その先にあるコロナ患者のいるレッドゾーンに森澤医師が入ります。

「103号室、ここは人工呼吸器の患者さんで埋まってしまっています」(森澤健一郎 医師)

無数の管につながれた患者たち。ここには、命を守る最後の砦、人工心肺装置=ECMOを取り付けられた患者が4人います。緊迫した状況の中、黙々と仕事に打ち込む医療スタッフたち。

「非常にうれしいことなのですが、僕らと一緒に働いてくれていた人たちが集まって来て、助けてくれて。これも人の気持ちに乗っかっているだけなのです。システムとして対応できているわけではない。どこかで心が疲れて折れてしまいますので、それまでの間になんとか対応策を考えたいと思っています」(森澤健一郎 医師)

病室に設置された固定カメラの映像。朝、看護師が異変に気付きます。アラームが鳴り響きます。懸命の救命措置。24時間、気の抜けない状況が続いているのです。

医療用ガウンなどは不足、スタッフも潤沢とはいえず、ECMOも将来、足りなくなるかもしれません。それでも森澤医師は、医療従事者もそうでない人も、それぞれが役割を果たせば、光は見えてくると感じています。

「(必要なことは)できない理由を探すというよりかは、できるための方法を探すことなので、みんなが同じ方向を見て、気持ちをもてれば、時間はかかると思いますが、このウイルスに勝てるのではないかなと思います」(森澤健一郎 医師)


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network