新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
4月20日
三重県独自策、キャンセル依頼の宿泊施設に協力金

三重県は、大型連休に県外から多くの観光客が訪れることで新型コロナの感染が拡大するおそれがあるとして、宿泊施設が客に予約のキャンセルなどを依頼した場合に、協力金を支給する独自策を発表しました。

「県外の方から予約がたくさん入ってます。観光地で感染が拡大すれば、風評被害も出る。今後の観光にも影響が出る」(三重県 鈴木英敬知事)

三重県によりますと、観光地・伊勢志摩地域の宿泊施設には、すでに大型連休に県外からの予約が多く入っていて、感染拡大を懸念する声が多く寄せられています。これを受け、県は、宿泊施設が客に予約の延期やキャンセルを依頼した場合、1人あたり6000円、最大で12万円を支給することを決めました。こうした取り組みは、全国で初めてだということです。

また、20日から、三重県でもバーやパチンコ店などを対象に休業要請が行われ、応じた事業者には協力金50万円を支給するということです。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network