新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
4月20日
日曜の人出、大都市で8割ほど減少

緊急事態宣言が全国に拡大されてから最初の日曜日となった19日、全国の大都市の人出が新型コロナウイルスの感染拡大前と比べて、およそ8割減少していたことがNTTドコモの調査でわかりました。

この調査は、19日にNTTドコモが携帯電話の位置情報をもとに全国で行ったものです。

感染拡大前と比較すると、19日の各地の人出は、大阪・梅田で86.9%、東京・新宿で79.9%、福岡・天神で77.7%減少するなど、大都市の主要駅や繁華街で8割前後の大幅な減少となりました。

一方、重点的に感染防止の取り組みを強化する必要があるとして、新たに「特定警戒都道府県」に位置づけられた岐阜県や茨城県などの主要駅周辺でも人出は減少しましたが、大都市ほどの下げ幅はみられませんでした。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network