新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
4月19日
飲食店従業員の電話相談、電話鳴りやまず

新型コロナウイルスの影響で営業の自粛など苦境に立つ飲食店の従業員を支援するため、無料の電話相談が開かれました。

電話相談会は、飲食店の従業員などでつくる労働組合「首都圏青年ユニオン」が主催したものです。

19日は相談開始から電話が鳴りやまず、勤務先の店が休業していながら「給与補償がもらえていない」といった相談が多数寄せられたほか、「従業員に給与を払ってしまうと、店の資金繰りが厳しくなる」という経営者の相談も。

「(営業自粛などの)しわ寄せが労働者、とりわけ非正規労働者にしわ寄せされている。飲食店の労働者の生活困窮がものすごい勢いで広がっている。今後も(営業自粛などが)続くと、労働者の生命の問題につながっていくと思う」(首都圏青年ユニオン・栗原耕平事務局次長)

この労働組合では、今後も電話相談などで支援を続けていくということです。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network