新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
4月14日
マスクの外し方から消毒液の作り方まで「自衛隊式コロナ対策」指南

防衛省は、新型コロナウイルスにかかわる自衛隊の災害派遣の経験を生かして、マスクの装着方法や消毒液の作り方などをホームページで公開しました。

「都道府県から防護体制に関する教育指導の要請をたくさんいただいていて、日常生活での感染防止に役立つと思うので、興味のある人は、ぜひ、のぞいていただきたい」(河野太郎 防衛相)

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、自衛隊はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での輸送支援や生活支援に続き、今もPCR検査を待つ帰国者を輸送するなどの災害派遣活動を行っています。

河野防衛大臣は14日の記者会見で、自衛隊員の感染者は9人いるものの、災害派遣活動を通じての感染者は1人も出ていないと強調しました。そのうえで、現在、自治体やホテルなどに対し「防護服の着方や消毒の仕方などの教育指導を行っている」として、マスクや手袋の外し方や、消毒用エタノールの作り方など、感染拡大防止に役立つ情報を防衛省統合幕僚監部のホームページ上に公開したと発表しました。

防衛省は、こうした方法を民間に指導することで、生活支援や輸送支援などを民間事業者に徐々に委ねていきたいとしています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network