新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
4月13日
新型コロナで東京都、軽症者向け宿泊施設を公募へ

新型コロナウイルスの感染が拡大し重症患者を受け入れる病床が不足する事態に備え、東京都は14日から軽症者向けの宿泊施設の公募を始めることを明らかにしました。

「患者数が急増している関係もあり、あす滞在施設のさらなる確保に向けて、ご協力いただける宿泊施設を公募したい」(東京都 小池百合子知事)

東京都の小池知事は13日夜の動画配信で、入院中の患者のうち軽症や無症状の人が病院から移って療養する宿泊施設について公募を始めることを明らかにしました。公募期間は14日から今月20日までで、受け入れ期間は6月末までを予定しています。

都内の医療機関では、12日時点で少なくとも2000床が確保されていますが、すでに、およそ1960人の患者が入院しているとみられます。新型コロナウイルスの重症患者を受け入れる病床が不足する事態に備え、都は宿泊施設の確保を進めていて、15日からは新たに2つのホテルを活用する方針だということです。都が借り上げたホテルには、これまでに軽症者ら105人が移っています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network