新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
4月3日
新型コロナ、クラスター 全国26か所に

厚生労働省は新型コロナウイルスの感染者集団(クラスター)の全国分布図を更新し、国内14都道府県の26か所で発生していることを発表しました。

厚生労働省が新たに更新した「全国クラスターマップ」によりますと、先月31日時点で、北海道から大分県にかけての14都道府県の26か所でクラスターが発生しているということです。

新たに更新したマップでは、クラスターの目安を「1か所で5人以上のつながりのある感染者が出たケース」と定義していて、クラスターの数が最も多かったのは東京都と兵庫県で、4か所ずつでした。また、ほかにも、大学の懇親会で感染が広がった京都府や、合唱団を介して感染が広がった岐阜県などが新たに加えられました。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network