新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
3月31日
LINE、国内8300万人の利用者に健康状態調査 厚労省と協定

新型コロナウイルス対策として、厚生労働省は通信アプリ大手のLINEと情報提供の協定を結び、国内の利用者を対象に健康状態などの調査を始めました。

調査は、LINEの利用者全員およそ8300万人に対し、アプリを通じて、新型コロナウイルスに関する選択形式のアンケートを行うものです。利用者は発熱や咳の有無などの体調の確認をはじめ、年齢や性別、住んでいる地域の郵便番号などを回答します。

答えた情報は個人が特定されない形で統計処理をして、厚生労働省に提供されるということです。回答は1日までで、厚労省は、クラスターと呼ばれる感染者の集団が発生している地域の把握や、行政による感染拡大防止のための施策に役立てたい考えです。

一方、厚労省には、この調査を巡りアンケートを装い、クレジットカード番号を尋ねるなどの詐欺が疑われる事案が発生しているという連絡が警察などから相次いで寄せられているということです。厚労省はカード番号などを尋ねることはないとして注意を呼びかけています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network