新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

#TBS生活防災note ※「関連リンク」は外部サイトに移動
3月30日
渋谷の人出 前の週の約3割、週末外出自粛街の様子は

新型コロナウイルスによる感染拡大の影響で、先週末、全国7都府県で外出自粛の要請が出されました。実際には、どれくらいの人が外出を自粛したのでしょうか?

29日午後7時すぎの渋谷駅。雪の影響もあってか、スクランブル交差点はいつものにぎわいはありません。携帯電話の位置情報を元に、民間の会社が収集したビッグデータによると、29日の渋谷駅周辺の人出は雪の影響もあって、前の週、22日の日曜日のおよそ3割に留まりました。土曜日についても、前の週と比べておよそ5割減少しました。

原宿のランドマーク・竹下通り。20日の祝日はご覧の賑わいでしたが、28日の人出はまばら。前の週の土曜と比べ、およそ5割減少。29日の日曜日は、前の週の3割の人出となり、今年に入って最も少ない人数となりました。

「めっちゃ少ないですね。少なすぎて歩きやすいという印象」(女性)

一方こちらは、28日の上野公園上空。人出はほとんどありません。この週末に一部を通行止めにしたこともあり、土曜日の人出は前の週の6割に、日曜は2割に減りました。

「明日、あさっての土日については、大阪府民の皆様におかれましては、不要不急の外出をお控えいただきますよう、自粛のお願いを申し上げます」(吉村洋文 大阪府知事、3月27日)

7つの都府県で実施された外出自粛要請。この週末の人出について小池都知事は…

「休日、土日、皆さんのご協力を得て、かなりの部分の外出を控えていただいた。引き続き、気を引き締めながら、皆さまのご協力をより強くお願いしたい」(小池百合子 都知事)

東京都は、30日以降の平日はできる限りの在宅勤務と夜間の外出自粛の要請を継続し、引き続き警戒を呼びかけています。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network