新型コロナウイルス情報 #TBS生活防災

3月25日
WHO「今後アメリカが中心の可能性」 感染者4万4千人ベッド不足深刻

JNNのまとめでは、新型コロナウイルスの感染者は世界で40万人に迫っています。WHO=世界保健機関は「今後、アメリカが流行の中心になる可能性がある」と懸念を示しました。

JNNのまとめでは全世界の感染者は39万6000人あまり、死者は1万8000人あまりに上っています。感染者の数では最も多い中国に次いでイタリアが7万人近く、そして、急増しているアメリカが4万4000人あまりです。

WHOによりますと、この24時間の新たな感染者の4割をアメリカが占めているということで、ハリス報道官は24日、「今後、アメリカが流行の中心になる可能性がある」と述べました。アメリカの感染者の過半数を占めるニューヨーク州では州知事が病院のベッドが8万床以上、人工呼吸器が3万台不足することになると訴え、連邦政府に支援を求めています。

「悲惨なことに、18歳未満の死亡が確認されました」

全米で初めて未成年の感染者の死亡が確認されたカリフォルニア州ロサンゼルスの担当者は24日、「新型コロナウイルスは全ての年齢層の人に感染するということを示している」と注意を呼びかけました。

一方で、トランプ大統領は24日、活動自粛のガイドラインを4月中旬までに緩和したいと述べました。

「復活祭までにできると願っている」(トランプ大統領)

経済活動が停滞していることから、早期の正常化を図りたい考えですが、対策を主導する国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は早期の緩和に慎重な考えを示しています。

一方、新型コロナウイルスの感染者の増加に歯止めのかからないヨーロッパでは、さらなる対策を迫られています。感染者が2万人を超えているフランスでは、専門家らが現在の外出禁止措置を5週間程度延長することを提言したほか、教育相が一斉休校を9月まで延長する可能性に言及しました。

イギリス政府は公的医療サービスを支えるために25万人のボランティアを募集すると発表しました。高齢者や持病のある人たちのために生活必需品の買い物に行ったり、薬を届けたりするということです。また、ロンドンの国際展示場に4000病床を持つ仮設の病院をつくることも明らかにされました。

さらに、2696人が死亡しているスペインでは、感染の拡大が深刻な介護施設で高齢の感染者がベッドで死亡したままになっているケースが相次いで見つかっています。患者の遺体は、専門の葬儀業者が引き取ることになっていますが、間に合っていないことも背景にあるとみられます。

「現状を考慮して、3週間の封鎖を実施する」(インド モディ首相)

一方、インドではモディ首相が25日から国土全域を封鎖すると発表しました。入国と出国を禁止したうえで、国民の外出も全面的に禁止するということです。13億人以上の人口を擁するインドの全面封鎖は、世界最大規模となります。


Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network