災害の現場から、

豪雨、台風、噴火、河川氾濫、そして大地震。日本はまさに「災害列島」です。
JNN(TBS系列の放送局)は総力をあげて災害現場の取材を重ね、被災者の思いを伝えるとともに、現場が直面した様々な課題を検証しています。
ゲリラ豪雨から南海トラフ巨大地震に至るまで、「次の大災害」が起きた時に命を守るにはどうすればいいのか。現場からの発信を続けます。

※これまでの取材は、下記の特集サイトでご覧いただけます。

災害列島日本

災害列島日本

気象庁 会見改革で危機感発信へ

2019年1月7日放送

平成で最悪の豪雨災害となった西日本豪雨の発生から半年が経ちました。次の大雨シーズンに備えて、気象庁が観測機関として、いち早く抱いた危機感が住民に十分に伝わるよう記者会見の性質を変えようとしています。

北海道震度7

北海道震度7
【発生】2018年9月6日

9月6日午前3時8分ごろ、北海道で地震があり最大で震度7を観測。気象庁はこの地震の名称を「平成30年北海道胆振東部地震」と定めました。 国内で震度7の激しい揺れを観測したのは、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震の2回、に次いで6回目となります。
シリーズ「現場から、」では北海道地震の現状をお伝えします。

西日本豪雨災害

西日本豪雨災害
【発生】2018年7月

平成に入って最悪の被害となった西日本豪雨。JNNは総力で各地の被災と復興状況を取材しています。
災害と無縁でいられない日本。「そのとき」にどう備えるか、悲劇を繰り返さないために知っておくべき情報も掲載されています。