• ■2019年3月26日 放送

東京福祉大に国が実地調査

1400人の留学生が所在不明となっている東京福祉大学に文部科学省と法務省が実地調査に入りました。現場から報告です。

東京福祉大学の王子キャンパスは、銭湯の2階にある教室など住宅街の中で周辺十数か所に点在していますが、ここはそのメインの建物です。26日は、留学生たちのクラス分け試験の日で大勢の留学生が集まるなか、文部科学省と法務省の職員あわせて十数人が午前10時ごろにこのキャンパスに入りました。

この問題は、東京福祉大で研究生と呼ばれる留学生が3年間でおよそ1400人所在不明となっているものです。研究生は学部生になる準備などの目的で受け入れている非正規の留学生で、原則1年間のコースとなっています。正規の留学生と違って定員がないため、東京福祉大では3年間におよそ5700人という大量の研究生を受け入れていました。数十人が不法残留になっていることも確認され、柴山文部科学大臣は26日朝、実地調査の狙いをこう話しました。

「留学生の適正な受け入れが行われているのか、在籍管理が適切に行われているのか、学習環境が適切に提供されているのかなどを確認する観点から、除籍者等の事由、留学生の履修や出席の状況、教育施設、設備の状況等について確認を行っていく予定です」(柴山昌彦文科相)

柴山大臣はこのように述べ、実地調査の結果を踏まえ、必要な改善指導を行っていくとの考えを示しています。

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network