現場から、海を殺すな プラスチック汚染

シェア
2019年6月24日放送

セブン-イレブン、おにぎり包装を植物由来に切り替えへ

セブン-イレブン・ジャパンは、販売する全てのおにぎりの包装を、植物由来の原料を配合した素材のものに切り替えることを明らかにしました。

セブン-イレブンでは全国およそ2万1000店の店舗で、1年間に22億個以上のおにぎりを販売しています。セブン-イレブンは来月中をめどに、全てのおにぎりの包装をサトウキビ由来の原料を配合した素材に切り替えます。石油由来の素材を減らし、プラスチックの使用量を削減する狙いです。

プラスチックごみによる海洋汚染が世界的な問題となる中、各社でレジ袋やストローの廃止など、プラスチック削減の動きが進んでいます。

Copyright© Tokyo Broadcasting System Television, Inc./ Japan News Network